2011年06月04日

晴天の中、水子之霊位追善法要を厳修

水子供養会.jpg
 晴天の中、9時前に青年会会員が参集し当日準備に取りかかります。9時を過ぎた頃からぽつりぽつりと参詣者が門をくぐり。まだ参詣者はまばらでしたが、10時10分に第1鐘の鐘が鳴ると中尾潮武上人より法要前に10分程、法要に臨むにあたってのお話があり。そして、事務局長より諸注意などをお伝えすると、第2鐘が鳴り法要に出仕する僧侶が昇堂。前日に準備した椅子席80脚が程よく埋まる程の参詣者と共にお経本を手にお読みしました。また、本年度は水子供養会と共に、東日本大震災の復興祈願法要も合わせて営みました。法要後は、石垣鳳徳上人による5分間法話、引き続き後座として林 教仁上人による日蓮宗伝統の高座説教がありました。本年度は特に法話を3名の僧侶が行い、さらに復興祈願もあり盛り沢山な水子供養会となりました。すべて終了したのが12時半過ぎでしたのできっと参詣者の方々はお腹が減っていたのではないかと心配しております。また来年は更に良い法要を心がけ、多くの参詣者と共に祈ることができればと考えます。また、東日本大震災の百ヶ日法要を営みます。是非14時46分までに中区妙善寺へ御参詣下さい!
 
 
※東日本大震災百ヶ日忌 追悼行脚 並 慰霊法要※

 標題の法要を名古屋青年会主催にて営みます。また法要前には、
支援の灯火を消さない為、市内(中区大須周辺)を募金箱を手に唱題行脚致します。
 どなたでもご参詣いただけます。共にいのりましょう!
   日時・6月18日(土)14時46分より(追悼法要・約30分)
   会場・七面山 妙善寺 名古屋市中区橘1-17-15 地図
   尚、駐車場の準備はございません。
   ※行脚は中区大須周辺(妙善寺出発12時30分)


posted by こぼん at 10:30| Comment(0) | 名古屋青年会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。