2011年05月08日

妙法寺さまで法話と法要出仕

妙法寺 花まつり.jpg
 東海市妙法寺さまの花まつり法要に出仕致しました。旧暦の4月8日・新暦5月8日はお釈迦様がご降誕なさった日であります。その日を祝う法要が花まつり法要です。東海市の妙法寺さまはこのブログでよく出てくる寺院。ご住職の井村上人は共に平成10年度に大荒行堂に入行した同行僧。当時、私が23歳で井村上人は50歳。親と子ほどの年齢差があります。それ以来いろいろと私にご教授下さっています。
 井村上人の妙法寺さまは法要時間よりもお説教・法話の時間の方に重点を置いているのが特徴です。花まつり法要は13時30分からでしたが、その1時間前に一宮市妙君寺修徒 加藤雄燈上人が20分法話。引き続き私が20分。ご住職の井村上人が20分と1時間の法話をお聞きいただいた後に法要が行われました。参詣の方々の平均年齢は当山よりも20歳くらい若い。
加藤上人の法話が終わるのを待ち、準備しおりましたら何人もの目の前を子ども達が通り過ぎる。なんといってもお寺がイキイキしています。
 14時半過ぎに法要を終了した私は、すぐに妙法寺さまを後にして今度は名東区の本成寺さまへ。その記事は画像が届き次第更新します。


posted by こぼん at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。