2010年08月05日

親三面大黒天さまをお迎えにあがる

三面大黒天さまをお迎えに.jpg
 待ちに待ったこの日がようやく来た!
 昨年の春、本年の冬(平成22年度大荒行堂)第参行入行を志し、それからというもの、大黒天さま・三面大黒天さまの本を求め紐解きました。どういった大黒天さまを新たに勧請するか悩みに悩みましたが、三面の大黒天さまを第参行に合わせ勧請したという気持ちが次第に強まって参りました。せっかくこれより末永く祀られる三面大黒天さまですので、こちらの熱き思いを汲んでくださる仏師の方に是非お願いしたい考え、今度は仏師の方を探し求めました。
 そんな中、ありがたいご縁をいただきたのが現代の名仏師『福井照明師』
名古屋市守山区翠松園で『しゅみょうあん』という工房を構え、多くの弟子さん方と佛像彫刻をなされている名仏師です。三面大黒天さまを求め、初めて工房に伺ったのが、昨年の7月10日。それから約1年。奉納者である下里 藤さまと共に待ちにまった。昼過ぎに当山より下里夫妻と私の運転で「しょうみょうあん」さまへ。本日まで何度か足を運び、途中の様子を拝見しましたので想像はつきます。それでも私が知るのは、以前にブログ(5月13日)でお伝えしたように金泥(きんでい)・截金(きりがね)の手が加わる前まで。三面大黒天さまをお迎えにあがる車では、それぞれが「楽しみ」の言葉を何度つぶやいたか。
 「しょうみょうあん」さまに到着して早速、工房にある常設展示室に通され目にした時、喜びの気持ちが込み上げてきました。仏像を拝するとき、「ありがたい」という気持ちが通常、込み上げます。そう思うと今までとは違った感動を味わった瞬間でした!
三面大黒天.jpg


posted by こぼん at 00:00| Comment(0) | 大黒尊天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。