2017年05月19日

ペナン慶讃法要 初日


 @
 日蓮宗では宗祖日蓮大聖人がお生まれになって
 平成33年2月16日で800年の節目を迎えます。
 海外からその慶讃法要が各地で営まれ、
 その後、日本国中の各地で開催されます。
 中部教区では、
 平成29年11月26日(日)に
 日蓮聖人降誕800年中部教区記念大会が開催。
 私は現在、
 その中部教区大会の実行委員会事務局を務めています。
 その為、中部教区大会の参考とする為。

 A
 2年前よりマレーシア・ペナン島にある
 日蓮宗寺院 法華山 一念寺さまで
 共に名古屋青年会で活動した
 日蓮宗名古屋寺院の後輩僧侶が主任を務めていて
 主任を務めている間に参詣したいと思っていた為。

 B
 名古屋青年会では卒業時期に合わせて
 研修旅行を毎年開催しておりましたが、
 私の卒業の年から3年間は
 ペナン島を研修旅行先を定めて
 研修旅行を開催しませんでした。
 その為、私も青年会の研修旅行の一員として
 後輩からお誘いがあった為。

 大きく以上3つの理由によって参加を決めました。

 参加するのは
 「宗祖降誕800年
  アジア国際布教拠点記念大会
  マレーシア・ペナン慶讃法要」

 日程は5日間ですが2日間は移動日になります。

ペナン慶讃法要1.jpg

 初日

 早朝に自坊を出発。
 朝8時に中部国際空港に到着。
 名古屋青年会からは10名参加。
 また名古屋から団参として向かう寺院が2ヶ寺。
 計 約30名で向かいました。

ペナン慶讃法要2.jpg

 香港空港で乗り継いで
 ペナン空港を到着したのが
 現地時間の20時過ぎ。

ペナン慶讃法要3.jpg

 それから1時間ほどバスに揺られて22時頃にホテル着。
 私が宿泊するホテルで明後日に慶讃法要が営まれます。
 その為、ホテルの正面入口やロビーなどには
 日蓮聖人の降誕を祝う垂れ幕などが張られておりました。